東京の交通事故治療 | アイワ交通事故治療情報
HOME>交通事故Q&A

交通事故Q&A

交通事故に遭ってしまったら、どうすればいいの?
まずは警察に届け出を出しましょう。
※自賠責保険、任意保険どちらも事故証明が必要となります。
他にも以下の情報を控えましょう。
・加害者の氏名、住所と連絡先
・車の登録ナンバー
・任意保険の有無、自賠責証明書番号と保険会社名
整骨院で交通事故の治療をしてもらえるのですか?
はい、整骨院でも治療可能です。
何か提出書類が必要ですか?
治療を受けるために特に書類は必要ありません。
治療を受けるための手続きは面倒ですか?
特殊な手続きは不要で、すぐに治療を受けることができます。
保険会社への連絡は、 来院後でも構いません。
まずは、当院にご相談下さい。
保険会社が治療する医療機関を決めるのですか?
どこの医療機関にかかるかは、ご本人が決めることです。
通院先の、医院名と電話番号を伝えれば、あとは保険会社と医院が相談します。
接骨院にかかる為に、整形外科の同意は必要か?
整形外科の同意は必要ございません。
どこの医療機関にかかるかは、ご本人が決めることです。
相手方の、保険会社が薦める医療機関に行かなくてはならないのでしょうか?
治療を受ける医療機関を選ぶのは自由です。
ご自身が治療を受けたい医療機関を指定すれば、保険会社は速やかに手続きをする義務があります。
加害者が保険に加入していないと言っていますが?
を所有している方であれば、強制保険(自賠責保険)に入っています。
任意保険に加入していない人はいます。
治療内容は?
症状に合わせて、マッサージ、超音波治療、電気療法、冷温法、鍼灸治療、テーピング、背骨・骨盤矯正などの中から、治療プランを決定し、治療をします。
交通事故に遭い「むち打ち」と言われました。整骨院で治療できますか?
はい、治療できます。
治療費は?
交通事故の場合、自賠責保険により治療費がまかなわれますので、窓口負担はありません(ゼロです)。
症状固定とは?
その傷病の症状の回復・改善が期待できなくなった状態を言い、「症状固定」以降に残った症状については、これを後遺症と考え、後遺障害等級認定申請をすることになります。
つまり、「症状固定」をすると、治療期間が確定され、以後の治療費は基本的に請求できなくなります。
そして後遺症は持病(私傷病)と同じ扱いになるので、健康保険を使用してご自分で治療を受けることになります。
人身傷害・ひき逃げ・単独事故の場合は、自賠責治療ができますか?
政府の保証事業がございます。
これは、誰にも請求出来ない被害者を救済するという観点で整備された法律で、政府の補償事業に対する請求ができます。
治療費は誰が払うのですか?
相手方が加入している保険会社が支払います。ご本人の金銭的負担はありません。
診断書などの証明書は発行してもらえますか?
はい、警察提出用の診断書を発行いたします。
治療期間は?
交通事故はケースにより様々で一概には言えませんが、一般に3~6ヶ月です
現在、病院に通院しているのですが…
交通事故の場合、病院に通院しながら、当院で治療、リハビリを受けることも可能です。
現在かかっている医療機関や整骨院(接骨院)をかえたいのですが?
保険会社に、通院したい医療機関名と連絡先を電話で伝えれば、変更可能です。
保険会社は、速やかに手続きをしなくてはなりません。
事故で入院していたのですが、退院後のリハビリはできますか?
はい、できます。部位によっては同時に行えますので、お気軽にご相談ください。
事故後、徐々に痛みが増してきたのですが、交通事故での治療取扱いはできますか?
基本的には取扱いできますが、あまり時間が経過していると事故との関係がハッキリしなくなります。
違和感を感じた時点で、早めに受診することをお勧めします。
様々なケースがありますので、 念のため、保険会社にお問い合わせください。
症状が軽くても保険で治療が受けられますか?
症状の軽い重いは関係なく、保険で治療を受けられます。
毎日通院していいのでしょうか?
はい。症状か改善するまで、治療が受けられます。
治療期間に制限がありますか?
制限はありません。例えば、首や腰、膝などを同時に負傷しても、全て治療を受けることができます。
レントゲンは、あくまで骨折やひび等を診断するもので、筋肉の炎症等については確認ができませんので、接骨院で診させていただきます。
レントゲンは、あくまで骨折やひび等を診断するもので、筋肉の炎症等については確認ができませんので、接骨院で診させていただきます。
レントゲンでは異常がないと言われたのですが、違和感や痛みがあります。治療できますか?
レントゲンは、あくまで骨折やひび等を診断するもので、筋肉の炎症等については確認ができませんので、接骨院で診させていただきます。
保険会社から、そろそろ治療を中止しませんかと、催促されますが?
あくまでも保険会社側の都合なので、依然つらい症状が残っているようでしたら、治療を中止する必要はありません。
保険会社が強制的に治療を中止させることは出来ません。
整体やカイロプラクティックとはどこが違うの?
整体やカイロプラクティックとは異なり『柔道整復師』という国家資格を持っているのが接骨院です。
保険診療が可能かどうかも異なります。
整骨院の治療の強み、メリットは?
病院は、薬や注射を使い、手術を行うことで痛みのある部分のみを集中的に治療できるので、即効性があります。
対して、整骨院の治療は、薬や注射を使うことができません。
マッサージや温熱・冷却・低周波などを用いて、自然治癒力を高める点が特徴です。
接骨院は整形外科の治療とどこが違うの?
整形外科によって治療法はさまざまですので、一概には言えませんが、整形外科と大きく異なる点は「レントゲン」「注射、薬物投与」は接骨院では行えないというところです
。 接骨院では「電気治療」「手技療法」「テーピング」などで、自然治癒力を高める治療を行います。
接骨院と整骨院の違いはどこですか?
名称は異なりますが、基本的には同じです。
接骨院では、どのような症状を診てもらえますか?
肩こり・腰痛・むち打ち・眼精疲労・四十肩・五十肩・ぎっくり腰・坐骨神経痛・捻挫・打撲・骨折・脱臼・事故や転倒よるケガ・後遺症・首・肩・膝の痛み・体の痛み・痺れ・冷え症等…
などの治療が一般的です。
ケガをしました。冷やすべきですか?温めるべきですか?
基本的な考え方では、ケガをしたばかりの急性期は冷やし、その後で痛みが落ち着いたら温めます。
ケガの応急処置では『RICEの原則』を覚えておくと役立ちます。
<Rest> 安静
<Ice> 冷却
<Compression> 圧迫
<Elevation> 高挙
症状と状態によりますので、医師にご相談ください。
ぎっくり腰、寝違い、肉離れなどの急性症状は発熱をともないます。
マッサージを行うことで悪化することもありますので、あまり無理せず安静にします。
横向きでひざを曲げると痛みが軽減することがあります。
しっかりと治したいけど、どれくらい通えばいい?
症状と状態によりますので、担当者にご相談ください。
施術時間はどのくらいですか?
施術ごとに症状を確認しながら行うため、症状により変わりますが、初診で約1時間、2回目以降で一人30分くらいです。
初診の場合、症状を把握するのに時間がかかる場合もあります。
治療にはどんな服装でいけばいいでしょうか?
どのような服装でも対応できますが、動きやすい格好の方が良いです。
どのようなペースで通院すればいいですか?
初診時に当院のほうから症状に合わせて最適な通院の間隔をご提案します。
その後、状態の変化に合わせて、患者様と相談しながら通院ペースを調整します。
スポーツなどは治るまでしばらく休んだ方がいいですか?
一概に休むべきとは言えません。
動くことで筋力が衰えずに済んだり、痛みが出る箇所が明確になったりするからです。
まずは医師にご相談ください。
健康保険は取り扱っていますか?
接骨院では各種健康保険、労災保険、交通事故などの保険適用での治療が受けられます。
予約は必要?
直接お越しいただくことも可能ですが、お待ちいただく場合がございますので、できるだけ事前にご連絡いただくことをお勧めいたします。
治療は痛くないですか?
痛みの感じ方は個人差がありますが、基本的には痛みを取り除くために治療をするので、治療で特別な痛みを感じることはありません。ご心配であれば、事前にご相談ください。
治療はどのようなことをするのですか?
「電気治療」、「手技療法」、「テーピング」などで、自然治癒力を高める治療を行います。
高齢者でも治療は大丈夫ですか?
年齢、症状にあわせて安全な処置をいたしますので、ご年配の方も安心してご来院いただけます。
直ぐに効いた実感がないのですが?
自然治癒力を高める施術のため、病院の治療と比べ、効いた感じが違います。
薬などで、痛みを押さえるのではないので、じっくりと効いていきます。
お問い合わせ

tel

フォームでのお問い合わせ

電話での受付時間
平日・土曜:9:00~18:00
日曜・祝日はメールのみのお問い合わせとなり、お返事は週明けとなります。